【非日常感を楽しむ!】都内ホテルのデイユースおすすめ6選

休日、友人とのお出かけや、恋人とのデートで場所に悩んだ経験はありませんか?

いつも行く映画やカフェはちょっと飽きてきた・・・

たまには贅沢にプチ旅行に行きたいけど毎日忙しくて遠出は難しい・・・

女子会をするのにいい場所はないかな?

筆者も友人と外出する時にカフェやレストラン以外に、ゆっくりくつろげる場所やプライベートな空間で楽しめる場所はどこか、決めるのによく悩んでいました。

本記事では、そのような外出先に悩む方々におすすめのデイユースホテル6選を紹介します!

リーズナブルに利用できるホテルから、少し贅沢したい時におすすめの高級ホテルまで、日系と外資系にわけて紹介するので、敷居が高いと思っていた有名ホテルにも足が運びやすくなります。

次の休日の予定決めに、ぜひ参考にしてください。

目次

都内のおすすめ日系ホテル3選

東京には旅館を含めおよそ3,000件あります。その中でも今回は、都心に近くアクセスのよい日系おすすめホテルを紹介します。

おすすめの日系ホテルは以下の3つです。

  • パレスホテル
  • 京王プラザホテル
  • 丸の内ホテル

では、1つずつ紹介します。

1|パレスホテル東京

皇居の目の前にたたずむパレスホテル東京は、以前トランプ元大統領が来日した際に宿泊したホテルとして話題になりました。

客席は白を基調とした部屋で、窓からは皇居と丸の内のビルを一望できます。

パレスホテル東京は、2019年に「世界で最も美しい客室 WORLD’S BEST ROOMS」を、受賞している国内で唯一のホテルです。

公式HP:パレスホテル東京

2|京王プラザホテル

新宿駅から徒歩5分、公共機関の利用しやすいロケーションの京王プラザホテルでは、デイユースプランが2つあります。

ビジネスからプライベートまで利用しやすい7時間プランと、ラウンジプラン付きの12時間プランがあり、目的に応じて好きなプランを選べるのが魅力です。

公式HP:京王プラザホテル

3|丸の内ホテル

東京駅から徒歩1分の駅近くにありながら、ゆったりとくつろげる丸の内ホテルでは、客席から赤レンガ造りの東京駅の夜景や、トレインビューを満喫できます。

周りには商業施設が多く軒を連ねているので、デイユース利用前後にショッピングもおすすめです。

公式HP:丸の内ホテル

都内のおすすめ外資ホテル3選

都内の外資系ホテルは、値段も高くてなかなか利用できないと思う方も多いかもしれません。

デイユースを使えば、宿泊するよりも費用がおさえられるので、少し贅沢をしたい特別な日におすすめです。

都内の外資系のおすすめホテルは以下の3つです。

  • ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
  • シャングリ・ラホテル東京
  • マンダリンオリエンタル東京

では、1つずつ紹介します。

1|ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

東京竹芝にある海を眺めるインターコンチネンタル東京ベイでは、6時間と9時間のデイユースプランがあります。

6時間と9時間のプランでは、特典として館内レストランでの食事が20%引きになるので、食事も贅沢にたのしみたいという方におすすめです。

また、テレワーク向けに3時間のショートプランもあるので、利用頻度に応じてプランを選べるのが魅力です。

公式HP:ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

2|シャングリ・ラホテル東京

シャングリ・ラ 東京ホテルは、「シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ」の日本初のホテルです。

29階にはヘルスクラブがあり、東京駅を眺めながら温水プールを利用できます。

客席は日本の和とモダンの融合が特徴的な客室で、都会の中心にいながら優雅な時間を過ごせます。

公式HP:シャングリ・ラホテル東京

3|マンダリンオリエンタル東京

「マンダリンオリエンタルホテルグループ」は、香港を拠点としたアジアを代表する高級ホテルチェーンです。

東京の中心地三越前駅から直結しているのでアクセスもよく、周りには商業施設も充実していて、デイユース前後の時間も買い物や食事を楽しめます。

客席は三井タワーの30階〜36階と高層階に位置し、どの客席からも東京の景色を一望できます。

公式HP:マンダリンオリエンタル東京

デイユースのメリット

デイユースホテルは、日中に日帰りプランで利用できるホテルとなっており、宿泊するよりも低価格でホテルを利用できるのが特徴です。

ここでは、デイユースを使うメリットについて紹介します。宿泊するかデイユースを利用するか、悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

デイユースのメリットは以下の3つです。

  • リーズナブルな価格で楽しめる。
  • 女子会やパーティースペースとして利用できる
  • リモートワークなどオフィスとして利用できる

では、1つずつ紹介します。

リーズナブルな価格で楽しめる

デイユースとは英語の「day」と「use」をかけ合わせた言葉で、その名の通り日中に日帰りでホテルを利用できるサービスの名称です。

敷居の高いホテルでも、デイユースを使えば宿泊の半額程度で利用できるところもあるので、普段なかなか手の出せないハイクラスのホテルサービスも、お得に使えます。

女子会やパーティースペースとして利用できる

自宅でパーティーをすると、騒音などの近隣トラブルを考慮する必要がありますが、ホテルの部屋であれば完全なプライベート空間なので、周りを気にせず楽しく盛り上がれます。

また、ホテルによってはパーティーグッズや、風船などの貸し出しも行っているので、事前に確認しておくのがおすすめです。

リモートワークなどオフィスとして利用できる

デイユースはリモートワークや仕事の場所としても利用されることが多く、wifiも完備しているので、漫画喫茶やカフェよりもプライベートな空間を確保できます。

短時間から利用できるので、リモートで普段家ではなかなか集中できない時や、営業回りの途中で書類の整理、一人でなにか没頭したい時におすすめです。

【デイユースでホテル利用】過ごし方を紹介!

デイユースプランは、日帰りながらホテルに泊まるようなワクワク感と、リラックス気分を満喫できます。またルームサービスやフィットネスなど、時間内であれば宿泊同等の権利も得ることができます。

おすすめの過ごし方は以下の3点です。

  • 部屋にあるキッチンで料理を楽しむ
  • 大画面で映画鑑賞
  • ホテルの設備でリフレッシュする

では、順番に紹介します。

部屋にあるキッチンで料理を楽しむ

ホテルによってはキッチンがついている客室もあるので、友人と料理を作ってパーティーをしたり、普段家ではなかなか作れない凝った料理を、最新の調理家電で作れたりできます。

広いキッチンでゆったり料理をしたい方におすすめです。

大画面で映画鑑賞

ホテルの客室の多くは大画面のテレビが設置されているので、NetflixやAmazon primeなどの動画サービスを利用して、ゆっくりと映画鑑賞をしてくつろげます。

また、最近よく聞く「推し活」にもデイユースはおすすめです。

DVDを持ち込んで、好きなアイドルのライブ映像もプライベート空間で見られるので、盛り上がること間違いなしです。

ホテルの設備でリフレッシュする

デイユースプランは、ホテルによってホテル内サービスを無料で受けられるプランもあります。

ホテルのジム&スパでは、高層階から外の景色を眺めながら運動したり、広々としたプールをひとり占めできたり、普通のジムとは違う非日常感を味わえます。

また、お風呂付きの客室という最高のロケーションで日頃の疲れをいやし、リラックスするのもおすすめです。

まとめデイユースで非日常感あふれる充実した休日を過ごそう!

今回は、都内のデイユースおすすめホテルを紹介しました。

ホテルによってプランはさまざまありますが、一般的に宿泊の時間以外、お昼から深夜0時まで、夕方から22時までなど日中利用を目的としたプランで設定がされています。

デイユースを使うことで、ホテルが宿泊以外にも休日のリフレッシュをする場所や、友人と過ごす素敵な空間になるので、休日の予定に悩んだときにはぜひ行ってみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次